コンテンツへ移動
掲載予定期間: 2022/11/24 (木) ~2022/12/08 (木)
土着の哲学を込めた日本酒ブランド「産土 ubusuna」の思想・哲学を伝える支援
花の香酒造株式会社

◆企業情報
私たち花の香酒造は、熊本県北西にある現在の熊本県玉名郡和水町(なごみまち)に、1902年(明治35年)に創業しました。自然豊かな山々を望む田園を流れる川沿いに、当蔵はあります。神社の井戸に湧き出る岩清水と、神社の田んぼ(神田)で収穫された米からの創業でした。そこから土地の酒蔵として代々地域により添い、酒を造り続けてきました。土着の考え方を大切にした「産土 ubusuna」が酒造りの哲学です。昔から米どころだった菊池川流域・和水産の米を「産土米」として、自然農法を基本に、環境保全や土地の文化も酒づくりの一環とした取り組みを日々続けています。

◆ご依頼・ご相談事項
土着から最高の酒づくりを目指す、花の香酒造の哲学「産土」の世界観や、そこに込める私たちの思想・哲学を広めていくことについてのご支援をお願いします。日本酒の美味しさは勿論ですが、それだけでなく、「私たちが何故酒造りをやっているのか?」という世界観や思想・哲学を正しく伝えていくことが必要だと思っています。
現在は蔵元自らコンテンツ作成・更新・運営しながら、HPやSNS等で情報発信をしていますが、より正確に、かつ広く私たちの大切にする思想・哲学を伝えていくために、今回は情報発信のお手伝いをお願いしたいと思います。

このような方を募集します

・産土の思想や哲学を正しく伝えるためのコンテンツ作り(Instagram、YouTube、Twitterなど)を行っていただける方
・「産土」の哲学に共感していただける方

募集詳細
月間稼働時間 16〜20時間
勤務場所 リモートワーク
月額報酬 4万円
契約期間 応相談
働き方のイメージ 働き方については面談時にご相談となります。
※ぜひ一度、当酒造へ来ていただきたいと考えております。
募集開始日 2022/11/24 (木)
募集終了日 2022/12/08 (木)
備考
選考フロー
面談方法 Web面談
面談回数 1回
募集する背景

土着の環境と文化を守りながら「ここにしかない最高の酒づくりを目指す」ことが、私たちの考える「産土」の哲学です。単純に商品を広めるだけでなく、「産土」を通して私たちの思想・哲学を広めていくことによって、「地球や自然を豊かにするものを購入する/食す」「とにかく安いもの、ではなくより高価でも質のいいものを購入する/食す」といった考え方そのものを広めていき、「食を選択する」「ものを購入する」際の基準そのものを変えていくようなチャレンジを行っていきたいとも考えています。
そのためにも、現在運用しているHP及びSNS(Facebook、Instagram、Podcast)のコンテンツ内容の充実や、社会に対するコミュニケーションが必要になってくると考えております。
私たち「産土」の思想や哲学に共感し、情報発信に協力いただける方にご支援をお願いしたいと思います。

一緒にこんな未来を目指したい

「産土」という言葉には、豊かな自然が与える土地の恵みというニュアンスを込めており、酒造りの工程においては、原料や醸造法のすべてにおいて自然の力を生かしています。
これからの時代、人間だけでなく自然も豊かになっていくようなものづくりをしていく必要があると考えています。その土地の風土・文化を生かした日本酒を造ること、また、「産土」の思想・哲学そのものを広めていくことで、次世代へ受け継がれる自然を守っていくことが、酒蔵としての重要な役割だと信じています。

一緒に働く人

代表取締役社長 神田 清隆さん

2011年に、六代目として代表取締役に就任しました。就任してからは大変な時期もありましたが、様々な苦悩を経て2015年には「花の香 桜花」を開発。2017年に「花の香 桜花」はフランス初の日本酒コンクール【Kura Master】で、審査委員特別賞を受賞。2021年からは、農業に寄り添った醸造の道を追求し「土地の土着性と生物、風土、祈り」を軸にした「産土」を、当蔵の酒造りの哲学として掲げました。当蔵の酒造りに「共感」を感じていただくお客様、全国・熊本の販売店のみなさん、愛すべき土地の方々といっしょに、産土の哲学を大切にした酒づくりのさらなる深化を目指します。

花の香酒造株式会社
メーカー(素材/化学/食品/その他)

熊本県和水町で「産土」というブランドのもと、自然農法と「江戸肥後米 穂増」などの在来種、木桶や生酛造りなどの伝統を深化させた酒造りから「産土2021 山田錦」「産土 2021穂増」を発売している。
2017年にフランスの日本酒コンクルールにて審査員特別賞を受賞。

Webサイト: https://www.hananoka.co.jp/