コンテンツへ移動
掲載予定期間: 2021/09/21 (火) ~2021/10/21 (木)
工場栽培による無農薬野菜の販路拡大のアドバイス
有限会社アーバンファーム

◆企業情報
人工光による無農薬野菜の生産・販売を行っております。
平成11年に完全閉鎖型(人工光)の植物工場を柏に建設して以来、新鮮でおいしい無農薬野菜を年間を通じてお客様に提供、好評を頂いております。平成27年、野田市に新たに工場を立ち上げ、令和元年、両工場の栽培用照明のLED化を実施、生産能力を拡大し、主に外食関係への供給を増やしました。最近では、新型コロナの影響で外食需要の落ち込みの中、一般消費者向けにも販売注力しております。

◆ご依頼・ご相談事項
工場栽培野菜を一般消費者向けに販路拡大する為のお手伝いをお願いいたします。
具体的には生協やスーパー等の直接製品を置い頂ける小売店、または宅配やデリバリー等の中食業界向けの販路を拡大していきたいと考えております。今までは、人づてでのご紹介や見本市での営業活動で販路を開拓してきましたが、社長自身一人での開拓に限界がある為、ターゲットとしている業界と繋がりをお持ちの方や、ターゲット業界への営業方法のアドバイスを頂ける方を募集いたします。

このような方を募集します

【必須経験・スキル】
販路開拓のアドバイスが出来る方
食品小売業界、中食業界の知見をお持ちの方

募集詳細
月間稼働時間 16〜20時間
勤務場所 リモートワーク中心
月額報酬 4万円
契約期間 3か月間
働き方のイメージ 働き方については面談時にご相談となります。
募集開始日 2021/09/21 (火)
募集終了日 2021/10/21 (木)
備考
選考フロー
面談方法 Web面談
面談回数 1回
募集する背景

今まで外食業界からの受注がメインでしたがコロナにより飲食店需要が消滅、現在生産余力がある事から小売店や中食業界への販売を強化していきたいと思っております。自社サイトでの販売や産直サイトへの出店、道の駅での販売等、個人向けの販売も少しずつ行っておりますが、まずは法人向けの販路を開拓し安定的な受注が見込める基盤を確立してから、次の段階として個人向けの販売に力を入れていきたいと考えております。

一緒にこんな未来を目指したい

生産している野菜は、サンチュ、サラダ菜、フリルレタス等の葉物野菜と、バジル、セルフィーユ、ディルのハーブ類です。
工場生産の野菜は、①完全無農薬②徹底した衛生管理と滅菌③天候に左右されない安定供給④価格の安定性⑤栄養価が豊富等の多くのメリットがあります。現在も大手ピザチェーンや野菜の美味しさを売りとしている大手宅配サイトでも当社の野菜を取り扱って頂いております。今後も多くの方に当社の野菜をお届け出来るようにしていきたいと思っております。

一緒に働く人

代表取締役 白尾 格さん

元々は工業系の技術者で鉄を使い船の製造を行っておりましたが、農業に工業技術を応用して安定的な生産を実現したいという想いから、大学の研究室の支援も受けて20年前に完全閉鎖型の植物生産工場を立ち上げました。立ち上げ当時はまだ工場生産の野菜は普及しておらず、太陽光で育てなくて大丈夫なのか?と言われた時期もありましたが、現在では行政も力を入れる分野となり、今後もまだまだ業界として伸びしろがあると感じております。
多くの方に当社の安心安全な野菜をお届けするお手伝いをして頂ける方からのご応募お待ちしております!

有限会社アーバンファーム
農林水産/鉱業

人工光による無農薬野菜の生産・販売

Webサイト: https://urbanfarm.jp/