コンテンツへ移動
掲載予定期間: 2021/09/13 (月) ~2021/10/13 (水)
未来を変える水素で動くエンジン技術アドバイス
エムパワー株式会社

◆企業情報
水素発電事業。【革新的な発電システムの開発・製造】および【究極の分散型発電事業】を行っております。
停電のない社会の構築、発電コスト低減を実現し脱炭素社会実現、そして地方の活性化のために、地方自治体の空きスペースを発電所として活用し収益の一部を自治体に還元できる、そんな社会を目指しております。

◆ご依頼・ご相談事項
水素で動くエンジンの開発・設計アドバイスをお願いします。
水素発生装置、エンジン、発電機の3つのユニットに分かれており、水素発生装置と発電機は出来上がっております。
エンジンは基本的には、軽自動車で用いられるようなコンパクトなエンジンを応用する想定しており、水素を燃料として安定的に長期間動かせるエンジン回りの技術について一緒に開発して頂ける方を募集いたします。

このような方を募集します

【必須経験・スキル】
エンジンに関する知識をお持ち、かつチューニング技術をお持ちの方

【希望経験・スキル】
設計開発まで手を動かしながら一緒に進めて頂ける方

募集詳細
月間稼働時間 16〜20時間
勤務場所 リモートワーク中心
月額報酬 4万円
契約期間 3か月間
働き方のイメージ 働き方については面談時にご相談となります。
募集開始日 2021/09/13 (月)
募集終了日 2021/10/13 (水)
備考
選考フロー
面談方法 Web面談
面談回数 2回
募集する背景

現在全体構想は出来上がっており徐々にアイディアを形に出来ている最中ですが、社内にガソリンやLPガスで動いているエンジンを水素で動く仕様に変えるアイディアを出してもらえる専門家が少なく、エンジンに関する知識ご経験をお持ちの方から広くアドバイスを頂きたいと思っております。

一緒にこんな未来を目指したい

水素発電では、CO2が排出されないので環境破壊にならないですし、水という日本に豊かにある資源で発電し続ける事が可能です。
SDGsとして再生可能エネルギーは現在注目分野ですし、日本政府が掲げている2030年に再生可能エネルギー比率を40%にする目標にも水素発電が大きく寄与できると考えております。
究極には電気代0の未来を創りたいと思っております。

一緒に働く人

代表取締役社長 海生 裕明さん
取締役 鈴木 英毅さん

将来的には、水素のある街を創り、電気代0の未来を創りたいと考えています。今構想している水素発電方法では半畳くらいのスペースで6キロワットの発電が可能であり、従来の発電所の1/30のスペースで電気を作る事が出来ます。
地方などの地域ごとに小規模な発電所を作り雇用を生み出し、街の電気代をタダにしてさらにCO2も出さず環境にも優しい、そんな地方が潤う状態を作り地方創生に役立てていきたいと思っております。
その未来に向けて協力して頂ける方の応募をお待ちしております!

エムパワー株式会社
エネルギー(電力/ガス/石油/新エネルギー)

水素発電事業
停電のない社会の構築のための【革新的な発電システムの開発・製造】および【究極の分散型発電事業】

Webサイト: https://minnano-power.com/