コンテンツへ移動
【千葉県】警備業を変えるDX、新しい目線求む
株式会社なのはな警備

業界全体において、DX化がまだまだ進んでいません。
ウェアラブルデバイスやシステムの導入でどうにかできないか?と考えており、警備現場のブラックボックス化を打破するための一手を一緒に考えてくれる方を探しています。
まずは当社の状況や展望・課題認識をお話しさせて頂き、その上で意見交換を進めていきましょう。

一度現場を見て頂き、その後は基本的にはオンラインで作業いただきます。
メールや電話で随時相談をさせて頂きながら、週に1回のWEB会議を行っていただきます。
※zoomを使用します

このような方を募集します

管理者と現場とが離れた環境での管理について、改善ご経験をお持ちの方を募集します。
運用や制度面、システムやデバイス面など、幅広くご提案をいただきたいと思っております。

募集詳細
月間稼働時間 16〜20時間
勤務場所 オンライン
月額報酬 4万円
契約期間 3か月間
働き方のイメージ 一度現場を見て頂き、その後は基本的にはオンラインで作業いただきます。
メールや電話で随時相談をさせて頂きながら、週に1回のWEB会議を行っていただきます。
※zoomを使用します
募集終了日 2021/03/27 (土)
選考フロー
面談方法 Web面談
面談回数 2回
募集する背景

なのはな警備は、流山市・柏市・松戸市・野田市・茨城県境町を中心にした警備会社です。
半径20kmのお客様の信頼と安全を、警備の側面から支えてきました。従業員数100名の当社は、警備業の中でも比較的規模の大きい会社です。

そんな当社の抱える課題は、現場状況のブラックボックス化です。
現場での立ち振る舞いは警備員に任されているからこそ、品質管理や客観的な評価が出来ません。
結果として、警備員の評価を公平につけることや、生産性向上のための一手が打ちづらい状況です。

そこで、このブラックボックスを打破するための打ち手を一緒に考えてくれる方を探しています。

一緒にこんな未来を目指したい

警備の仕事は生活に必要不可欠なインフラ整備工事の安全を守る仕事です。
定年後の再就職先…というイメージがまだあるかもしれませんが、「社会貢献をしたい」「社会とつながっていたい」そんな思いで働いてくれるスタッフが大勢います。もっと評価されるべき、大切な仕事だと思っています。

より業界のイメージ向上や働きやすい環境づくりに向けて、一緒に試行錯誤してくれる方と仕事がしたいと考えています。

一緒に働く人

代表取締役の田中と一緒に仕事を進めて頂きます。
2002年國學院大學法学部卒業後、千葉県内の機械メーカーを経験。
2018年に2代目社長として代表取締役に就任しています。

◆宮藤官九郎さんとの対談企画にて、会社・警備への思いについてお話ししています。よろしければご一読ください。
https://innovativelounge.tbsradio.jp/archive/tanaka_kazuyoshi/
◆動画もご覧いただき、ぜひ当社の思いを理解いただければと思います!
https://www.kenja.tv/president/detknh4zb.html

株式会社なのはな警備
警備/清掃

・施設警備業務
・雑踏警備業務(交通誘導警備業務)
・保安警備業務

Webサイト: https://nanohana-keibi.com/